Healthcare Professionals

医療関係者の皆さまへ

土壌分析装置

土壌分析装置①
土壌分析装置②
土壌分析装置③
土壌分析装置_レポートサンプル
土壌分析装置①
土壌分析装置②
土壌分析装置③
土壌分析装置_レポートサンプル

現在、肥料高騰が続く農業分野において、土壌分析が注目されています。土壌分析装置では農作物の生育に必要な6種類※の土壌養分を約14分で測定することが可能です。 『土壌分析をもっと身近に』をコンセプトに開発され、専門的な知識や技能が必要無く、どなたでも簡単に測定し、かつ施肥提案までその場で行います。 ※6種類:窒素(硝酸態、アンモニア態)リン酸、加里、石灰、苦土

カタログ

土壌分析装置②

特長1:農作物の生育に必要な6種類の土壌養分を約14分(注3)で測定

計測できる成分は次の6成分です。 いわゆる「肥料の3要素」と言われる窒素(硝酸態窒素・アンモニア態窒素)・リン酸・カリウムと、ミネラル分であるカルシウム・マグネシウムです。また、窒素は硝酸態とアンモニア態の形で土の中に存在するので、各要素を計測します。上記6成分が、作物の生育には特に重要とされています。

土壌分析装置③

特長2:光センシング技術と独自のカートリッジシステムを採用・​試薬調合作業が不要で、誰でも簡単に計測可能

分析カートリッジは成分毎に部屋が区切られており、あらかじめ各成分の反応試薬が部屋毎に内包されているため、調合作業が不要です。 また、土を専用の抽出液に浸し、ろ過した試料液(以下、土壌液)を装置にセットすると、分析カートリッジの各部屋に適量の土壌液が自動的に注入されます。その後、発色した土壌液を光センシングユニットで自動計測します。 土の中の養分を溶かし出す抽出作業は従来、成分毎に異なる抽出作業が必要でしたが、本機では共通の抽出液での一括抽出を可能とし、簡単計測による短時間計測を実現しました。

土壌分析装置_レポートサンプル

特長3:各成分の量をその場でチャート表示・​作物に適した肥料の種類や施肥量をレポートで提案

分析結果として各成分の量をチャート表示し、併せて作物に適した肥料の種類や量に関するレポートを出力します。

製品名 土壌分析装置
製品コード EW-THA1J
寸法 153(H)×318(W)×162(D) ㎜
重量 約4.5kg
電源 AC100V、50/60Hz
販売元 エア・ウォーター・メディカル株式会社
製造元 エア・ウォーター・バイオデザイン株式会社

製品に関するお問合せ

お問い合わせフォーム

PAGE TOP